更新日:2006年12月30日

怪我とリハビリ

歳末火災予防週間ではないでですが、「ちょっとした油断と不注意で思いがけないことがあります!」昨年11月にマリンショップのおやじが本船からテンダーボートに乗り移り左腕骨折の怪我をして、1年近くヨットに乗れませんでした。その後の結末期です。

船の操船で最大の注意点は離着岸にあります。例えトラブルがあってもその後の行動には自分を含め回りをよく観察し行動を起しましょう。

プロフェッショナルの「レスキュー隊長」は冷静沈着に最良の方法を考えます。病気・怪我・災いは日常の中にも潜んでいますので今回の怪我はほんとに思いがけない事でした。幸い、打ち所は左腕だけでしたので、固定、プレート手術になりました。7月には抜釘再手術をして、12月までリハビリテーションで筋肉戻すトレーニングの日々でした。どうにか95%近く回復し腕の動きは回復しました。まだ自費で週2回位は通院しますが、完治の見通しです。病院関係の方々には大変お世話になり感謝しております。今年も残り少なくなりましたが怪我の無いように無事に過ごしましょう。皆様に2007年も良い年で有りますようお祈りいたします。